CD-INFO

スウィング・ジャズでバラードのみのスタンダード集アルバムが完成

潮先さんが弾くギター・カッティングに関しては、日本では右に出るものなし。手にするギブソンES-175 のフルアコは、50年間弾きこまれた現役のビンテージ。いっけん、只の地味なジャズアルバムのように聞こえますが、加藤崇之との師弟関係が生み出す、考えられないほどのギターテクニックを駆使し淡々と進行していきます。
潮先と加藤にしかできない技が披露されて演奏がなされています。さがの歌は、渋谷毅・潮先郁男とのコンビでのアルバム『We’ll Meet Again』(Carcoレコード)と同じく、ここでも安定していて聴くものを和ませてくれます。

出展:http://metacompany.jp/

 

販売価格 2,700円(税込)
発売日 2010.11.14
1
トップへ戻る