CD-INFO

加藤崇之(g)かわいしのぶ(b)藤掛正隆(dr)の3人による「トリオねじ」

三者三様の個性が奇妙に絡まった爆裂インストゥルメンタルを中心に、かわいしのぶによる脱力(それでいて強烈)なヴォーカルソング3曲を含む全10曲を収録。上下左右天国地獄、底なしの振幅を1枚にパッケージしたライブ盤。

出展:http://www.galabox.jp/

 

販売価格 2,100円(税込)
発売日 2011.11.25

スウィング・ジャズでバラードのみのスタンダード集アルバムが完成

潮先さんが弾くギター・カッティングに関しては、日本では右に出るものなし。手にするギブソンES-175 のフルアコは、50年間弾きこまれた現役のビンテージ。いっけん、只の地味なジャズアルバムのように聞こえますが、加藤崇之との師弟関係が生み出す、考えられないほどのギターテクニックを駆使し淡々と進行していきます。
潮先と加藤にしかできない技が披露されて演奏がなされています。さがの歌は、渋谷毅・潮先郁男とのコンビでのアルバム『We’ll Meet Again』(Carcoレコード)と同じく、ここでも安定していて聴くものを和ませてくれます。

出展:http://metacompany.jp/

 

販売価格 2,700円(税込)
発売日 2010.11.14
1 2 3
トップへ戻る