交配種F1とは人工交配させた雑種の野菜!開発した目的と歴史を説明

First-Filial-Generation-Hybrid-Vegetablesオーガニック

交配種F1という野菜の種子区分にはどのような特性があるのでしょうか?

生育は良好で素晴らしい特性も兼ね備えながらも多用することは懸念されています。

この記事を読むと交配種F1の利点と欠点を簡単に理解できます。

交配種F1と言う種子区分を知ることでこれからのあなたの菜園ライフはさらに充実するでしょう。

わたしは有機JAS有機農産物生産行程管理の資格を持っておりオーガニック野菜で自給生活を送っています。

交配種F1は経済を発展させるために市場主導で普及した

Greengrocer[日本で売られているほとんどの野菜は交配種F1。見た目が同じなのも特徴のひとつです]

結論を言うと交配種F1とは人工的に交配させた雑種の野菜であり、大量生産と大量販売を目的にして開発されています。

雑種の一代目は両親よりも大きくて丈夫に育ちますが野菜にとっても同じことが言えますね。

雑種強勢(ざっしゅきょうせい)と言うこの効果は遺伝的に遠い組み合わせであるほど効果は大きくなるのです。

そのため交配種F1は生育が早いだけではなくどれも同じくらいの大きさに成長し収穫量も多いことから市場は商品として高く評価しました。

そして消費者の購買意欲を高めるためにさらなる特性を求め、種苗会社もそれに答えるために品種改良をおこっているのです。

その結果として流通している農作物と野菜の種子は京野菜や加賀野菜などの日本伝統野菜を含めほとんど交配種F1なのですよ。

交配種F1の特性

Green-Onions[交配種F1の野菜は形・見た目・生育速度もすべて揃(そろ)います]

交配種F1の野菜はわたしたち消費者の生活にとって馴染み深いものです。

たとえばスーパーマーケットでは濃い緑色でまっすぐに成長したキュウリだけが売られていますよね。

どのトマトも皮が厚い理由は長距離輸送でも衝撃(しょうげき)によるダメージを受けにくいからですよ。

子どもが種のないトマトを食べたいと言うと市場は種のないトマトを種苗会社につくってもらうのです。

そして外食産業は調理しやすいように味のない野菜を求めたり、農業経営者は効率化のために一斉(いっせい)に収穫できる野菜を求めています。

交配種F1とはこのように人が望んだ形や特性へと自在に変化させることができるのですよ。

このように交配種F1は人工的に作り出しているのです。

交配種F1が懸念される理由

交配種F1の品種改良とは異なる野菜の花粉と交雑させることにより新たな品種を作り出すと言うことです。

そのためには自家受粉(自分の花粉で受粉して種をつけること)を防ぐ必要がありますよね。

雄蕊(おしべ)を取り除(のぞ)いたり雄花を開かないようにするその作業は除雄(じょゆう)と呼ばれており労力を必要とします。

ですが雄蕊(おしべ)のない突然変異の玉ねぎが発見されたことをきっかけにして雄性不稔(ゆうせいふねん)の野菜を栽培しそれを親株にして交配種F1を大量に生産できるようになったのですよ。

雄性不稔とはミトコンドリア遺伝子の異常によって子孫をつくる能力がない植物のことであり動物で言えば父系の不妊症(無精子症)と言えるでしょう。

F1品種の品種改良は簡略化されましたがわたしたちは生殖器官を持たない野菜を食べ続けることになったのですよ。

ちなみに青首ダイコンは雄性不稔なので土に植えると雄しべのない花が咲くはずです。

雄性不稔は生物として正常な状態とは言えないですがわたしたちが日常的に購入して食べている野菜の真実なのですよ。

交雑種F1の雄性不稔と人口の減少の関係性について

野口種苗研究所の野口勲代表は、わたしたちが住む北半球の文明圏においての人口減少と野菜の雄性不稔(ゆうせいふねん)には何らかの関係性があると伝えていますね。

1940年の統計では人間の精子1cc(ml)あたり平均1億5000万いましたが現代では4000万にまで減っているのですよ。

その減少は止まらず、このままだと不妊症(無精子症)と呼ばれる2000万以下のレベルまで進んでいくことも予想されています。

交配種F1についての解説

eggplant[世界で初めて交配種F1になった野菜の品目はナスです]

交配種F1は1924年に日本で誕生します。

農業試験場の職員によって研究されていたナスの品種改良が発端なのですよ。

世界中に普及して新たな品種が生み出され続けています。

交配種F1という言葉の由来とその歴史について解説しますね。

交配種F1とは猪豚(イノブタ)と言う意味

Boar-Pig-Hybrid[交雑種F1=猪豚(いのぶた)は猪と豚のあいのこで雑種の象徴です]

結論を言うと交雑種F1は2つの野菜を人工的に交配させた雑種です。

交雑した種子ですが種苗業界では交配した種子と呼ばれていますね。

雑種として生まれた一代目の野菜なので雑種第一代:First Filial Generation(ファースト フィリアル ジェネレイション)と名付けられているのですよ。

その英語表記を簡略化して『F1』と呼ばれているのです。

雑種第一代であるF1から生まれた雑種第二代のF2はどのような作物に生育するのか予測ができないので種子を採取されることも商品開発されて販売されることもないのでしょう。

おいしくない可能性がある野菜は栽培しないですよね。

交雑種F1の種子はFilial 1 hybrid Seeds(フィリアル ワン ハイブリット シード)と言われています。

ハイブリットの一代目の種子という意味ですが、その語源であるラテン語の「hybrida」はイノシシとブタの雑種である猪豚(いのぶた)という意味なのですよ。

野生の猪(いのしし)と脱走した家畜の豚(ぶた)が交配することで世界中には様々なタイプの猪豚がいることから交雑や混合の象徴となったのでしょう。

交配種F1の歴史

Kyoto-Traditional-Vegetables[京野菜を含む日本伝統野菜の種子は2種類あります。それは交配種F1と固定種です]

世界で最初に誕生した交雑種F1は絹(きぬ)を生み出す蚕(かいこ)であり1914年に日本が開発しました。

そして1924年、同じく日本でナスが交雑種F1として誕生します。

世界で初めて野菜の交雑種F1を作ったのは日本人の柿崎洋一博士という方なのですよ。

埼玉県農事試験場の職員である柿崎博士は固定種である真黒ナスと様々なナスを交配させて「浦和交配1号(埼交茄)」そして「浦和交配2号(玉交茄)」という二種類をなすを発表しました。

これにより日本中の農業試験場でナス科野菜の雑種作りがおこなわれるようになり、やがて世界中に広まっていくことになります。

これが世界中に普及した交雑種F1野菜の起源なのですよ。

交配種F1の特性

Industrial-Agriculture[交配種F1は工業型農業と共に高度成長期と人口爆発という経済の時代を支えてきました]

交配種F1は雑種の野菜であり利点も欠点もその特性によるものです。

交配種F1が使用される時代になったのは1950年代の後半であり高度成長期の日本を支えてきました。

生育の良さはとても素晴らしく工業型農業(慣行農業)と併用されることで大量生産の可能性を広げ急激に増加する人口を養ってきましたよね。

ですが交配種F1で野菜を栽培するなら毎年必ず種子を購入し続けなくてはならないのです。

それが意味することはどこまで行っても完全なる食料自給には辿り着けないということでしょうね。

こちらでは工業型農業について解説しています。

有機農業と工業型農業(慣行農業)の野菜を生産する仕組みを比較する

交配種F1の利点

potato-field [交配種F1の利点は生育が丈夫であるということです]

交配種F1の利点は雑種強勢(ざっしゅきょうせい)の効果にあります。

丈夫で病気にも強く生育も旺盛(おうせい)なので収穫量も多いですよ。

種子の形質はどれも同じなので生育速度も形状も揃(そろ)います。

大量販売と大量消費を目的にして開発された品種なので気候変動による影響がなければ安定した生産を望めますよね。

交配種F1の欠点

デメリットが多い[人が生み出した交配種F1は子孫に特性を受け継がせることができません]

交配種F1の欠点は特性を子供であるF2に受け継がせることができないということです。

すばらしい性質をもっていたとしても一代限りなので生産するなら種子を買い続けなくてはいけないので栽培家はどこまでいっても完全なる自給に至(いた)ることはないのですよ。

たとえ交配しても安定した状態で遺伝しないので自家採種しても求めているような農作物を収穫することはできないでしょう。

雑種であるため、そして交配種F1の親株のほとんどは雄性不稔(ゆうせいふねん)であるため子孫に特性を継承することは難しいのです。

F2の子であるF3になるとその影響はさらに強くなるので自家採種するなら在来種・固定種・エアムール種の種子を播(ま)きましょう

交配種F1しか使わないのであればたとえ家庭菜園をおこなっても完全なる自給とは言えないでしょう。

何故なら種子を購入しないと野菜を生産することができないという状態だからです。

たとえば有機農業にとって自家採種は栽培工程のひとつであり生産活動の中でも根幹と言える作業なのですよ。

種子がなくては野菜は生産することはできないですからね。

もしも種苗会社による種子の供給がなくなった場合、所有している種子がすべて交配種F1だったなら種子を自力で入手するという選択肢はないのです。

交配種F1は種(しゅ)の保存ができないため使用されるほど地球の多様な生態系は失われていくのです。

交配種F1を多用するのであれば持続可能な農業とは言えないでしょう。

雄性不稔株を親に持つ交配種F1は自家採種には適さない

Withered-Vegetables2[交配種F1に2年目はありません。種(しゅ)の保存という選択は与(あた)えられていないのです]

交配種F1は男性機能を無くした種子とも呼ばれている通りほとんどの品種は雄性不稔(ゆうせいふねん)という突然変異株を親にして誕生しています。

雄性不稔とはミトコンドリア遺伝子の異常によって子孫をつくる器官がない突然変異の植物のことなのですよ。

そのため雄しべがないのです。

交配種F1は子孫を残すことができるものもありますが自家採種に適しているとは言えないでしょう。

自家採種をするのに最適な種子区分は在来種・固定種・エアムール種です。

今年に種子を播(ま)いたら来年にはあなたの農地の気候風土に適応した素晴らしい種子を採取することができます。

それに固定種を自家採種することであなただけの新たな固定種を開発することも可能なのです。

まとめ

交配種F1は世界中で使用されており安定した生産性を証明していますね。

ですが自家採種ができないため多用すると食料を自給することが難しくなってしまいます。

こちらの記事では交雑種F1の購入方法を解説しています。

さらにこちらでは固定種について解説していますのでぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました