小柴陸『一富士茄子牛焦げルギー』2022!舞台映像とあらすじ紹介

小柴陸トレンド

小柴陸くんが出演する舞台『一富士茄子牛焦げルギー』が2022年12月に再演されます。

この記事では舞台の再演情報と2021年は初日だけの公演で中止になった理由について解説しますよ。

さらに『一富士茄子牛焦げルギー』の舞台映像とあらすじについても紹介しますね。

スポンサーリンク

小柴陸 出演舞台『一富士茄子牛焦げルギー』2022年12月公演(再演)

一富士茄子牛焦げルギー[一富士茄子牛焦げルギー]
出典 SHIN TANAKA

小柴陸くんが出演する舞台リーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』は大阪のABCホールにおいて2022年12月15日から12月18日まで公演されます。

そして東京はCBGKシブゲキ!!において2022年12月22日から12月25日まで公演されます。

(リーディングアクトとは朗読劇と演劇の中間を目指した表現方法です。「役者の動きや音響や照明」と「朗読」という動と静を組み合わせた作品)

主要キャストである小柴陸くんは「前回は世界的な感染症の影響で1日しか公演ができず残念でしたが沢口さんと生瀬さんそして河原さんから芝居を学びました。今回は橋本さんと羽野さんの背中を見ながら全力で食らいついていきます」と伝えていますね。

舞台『一富士茄子牛焦げルギー』は昨年に感染症の影響によって中止になっておりこの度の公演は再演となっております。

初公演の主要キャストは『ぼく役』を演じる小柴陸くん以外は入れ替わっています。

小柴陸くんだけが再び起用されている理由は高い評価を得ているからでしょうね。

原作者のたなかしんさんも「とっても素敵な『ぼく役』だったから」と小柴陸くんの演技を絶賛しています。

『おかん役』は沢口靖子さんから羽野晶紀さんへ、そして『おとん役』は生瀬勝久さんから橋本さとしさんへとバトンが引き継がれています。

小柴陸くんにとってこの舞台は初の外部出演であり新たな人生の扉を開けた作品とも言えるでしょうね。

陸くんの喜びや一生懸命な姿は再び多くの人々に感動を届けてくれます。

スポンサーリンク

小柴陸 出演舞台『一富士茄子牛焦げルギー』の初公演は2021年

小柴陸くんにとって舞台『一富士茄子牛焦げルギー』は外部が主催する舞台への初出演作品でした。

陸くは「自分にとってターニングポイントと言うべき作品」だったと明かしています。

当時はまだ関西ジャニーズJr.のユニット『AmBitious』も誕生していないので陸くんにとって自分を思いっきり表現できる機会はとても貴重だったでしょうね。

そんな陸くんは主要キャストとして沢口靖子さんと生瀬勝久という豪華な出演者と一緒に演技ができることをとてもうれしく思っていたのです。

小柴陸くんは稽古を振り返り「沢口さんは声も話し方も綺麗で勉強になるし生瀬さんも一回一回全部やり方を変えているところが凄い」と伝えると2人の大先輩の背中を追いかけていくと決意を新たにしていました。

「どんなことも精精一杯やり遂げる」のが小柴陸くんの信条です。

この舞台に懸ける強い意気込みも伝わって来るようですよね。

『一富士茄子牛焦げルギー』の2021年公演は小柴陸によって幻に終わった

小柴陸くんと大勢の人々の希望が込められた舞台『一富士茄子牛焦げルギー』の大阪公演は2021年1月30日から1月31日までおこなわれる予定でした。

そして初日の舞台が幕を開けます。

小柴陸くんのひたむきは演技は多くの人に感動の輪を広げると原作者の「たなかしん」さんからも高い評価を得たのです。

ですが舞台を終えたあと別作品に参加するために受けたPCR検査で小柴陸くんの陽性が確認されることに…。

舞台『一富士茄子牛焦げルギー』の関係者の中で陽性になったのは陸くんだけということもあり大きく報じられることにもなったのです。

これにより予定されていた大阪公演は全て中止となり一夜限りの幻の舞台となってしまいました。

このことを1番残念に思っているのは陸くんだったはずです。

なぜならジャニーズという枠を超えた外部が主催する舞台でしかも主要キャストとして自分を表現することができる初めてのチャンスだったのですから。

小柴陸くんは療養しながら2021年2月9日から2月11日におこなわれる東京公演での復帰を目指していました。

そして2月6日に再びPCR検査を受けるも再び陽性であることが判明したのです。

これにより東京公演も中止となり舞台『一富士茄子牛焦げルギー』は一夜だけの幻の公演となりました。

公演を中止することになった小柴陸に贈られたエール

小柴陸くんのPCR検査陽性により中止となった舞台『一富士茄子牛焦げルギー』。

これを受けて原作者のたなかしんさんは関係者を代表して陸くんにエールを送っています。

たなかしんさんは「沢口さんも生瀬さんも含め関係者のみんなが小柴陸くんのことを心配している」というツイートを発信していますよ。

さらに多くのファンも陸くんに励ましのツイートを発信して『一富士茄子牛焦げルギー』の再演を祈っていたのです。

スポンサーリンク

小柴陸 出演舞台『一富士茄子牛焦げルギー』2021の映像公開

小柴陸くんにとって初となる外部が主催する舞台『一富士茄子牛焦げルギー』2021の映像を紹介しますね。

陸くんのPCR検査陽性が確認されたことにより一夜だけの公演に終わった幻の舞台です。

2021年だけの出演者である小柴陸くん・沢口靖子さん・生瀬勝久さんによる舞台はこの映像でしか観ることはできないかもしれませんね。

『一富士茄子牛焦げルギー』のあらすじ

主人公の『ぼく』は中学3年生。

『おとん』と仲良く暮らしています。

正月の朝におとんが語り始めたのは眠っているときに見た夢のお話でした。

おとんが見たのは「牛のように大きなナスに乗って富士山の山頂に行った。持っていた餅を富士山に食べさせたらお礼に願いを叶えると言うので餅がこげへんようにしてくださいとお願いした。富士山はお安い御用です、それだけでは申し訳ないのでもうひとつ願いを叶えましょう」という夢だったのです。

おとんは「ほんなら息子に願いをたくすから聞いてあげてくれませんか」というと富士山は承知してくれました。

その話を聞いたぼくが餅を焼いてみると本当にこげないことにおどろきます。

おとんの見た夢が真実であると確信したぼくは「おかんを生き返らせてほしい」という願いをしようと心に決めました。

ですがおとんには「それはあかんのや」と言われていました。

おかんのこと

おかんはぼくが小学校6年生の正月に事故に遭い天国に行きました。

『おとん』と『おかん』はとても仲良しで夫婦漫才をする陽気な2人が大好きでした。

おかんを失った悲しみはとても深くて中学生になった今でも消えることはありません。

でもおかんはもういないのです。

ぼくはおかんのことを知らない友達を作りたいと思っていました。

そして中学3年生になったときにケンと友達になったのです。

髪の毛がツンツンしているケンに「メリー」という愛称を付けられたぼくはクラスの中でも存在を認めてもらえるようになっていきました。

「メリケンで漫才でもやれよ」「あほ!やるならバンドやろ?」自然とそんなやりとりができるような名コンビが誕生したのです。

ですがケンは2学期の終わりに引っ越すことになりました。

いつも陽気で楽しそうなケンはきっと幸せな日々を送っているのだろうと思っていたのです。

だけどケンの真実を聞いたとき、ぼくは言葉につまってしまいました。

おとんの秘密

おとんにも秘密があります。

おかんが事故に遭った原因は飲酒運転でした。

おとんは事故を起こした相手に復讐をしようと思ったけど出来なかったそうです。

そのことには『おとん』から『おかん』への愛情の思いが込められていました。

そしてぼくは夢のなかで牛のように大きなナスに乗っておとんが餅をあげた富士山に出会います。

そしてぼくの富士山への願いについては…。涙をこらえきれない結末へと続いていくことになります。

ぼくのふじさんへのお願いは…

おとんから夢のお願いの権利をゆずられたぼくは、最後にはなんとかあの夢にたどり着くことができます。

そこでおとんが乗った茄子牛や、餅をあげた富士山にも会うことができます。

そして、ぼくの願いは……

涙なくしては語れない、結末へとつながっていきます。

スポンサーリンク

まとめ

小柴陸くんにとって大切な舞台である『一富士茄子牛焦げルギー』を紹介しました。

こちらの記事では小柴陸は演技が上手!子役から2022年までの舞台とドラマの経歴を紹介しています。

陸くんが2022年までに出演した作品をお伝えしていますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました