Tani Yuuki(たにゆうき)学歴は茅ヶ崎小学校と第一中学校

Tani Yuukiの学歴は茅ヶ崎小と第一中!バンドメンバー紹介ミュージシャン
スポンサーリンク

Tani Yuuki(たにゆうき)さんの学歴を紹介します。

Tani Yuukiさんが通っていた茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校・茅ヶ崎市立第一中学校、そして通信制高校に入学した理由もお伝えしますよ。

さらにTani Yuukiさんは東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)に在学していましたがそのときに結成したアコースティックユニット「寝グセ」やスリーピースバンド「CreamPuff」のバンドメンバーも解説しますね。

そしてTani Yuukiさんが音楽の原点とも言っているアカペラサークル「WHITE BOX」と専門学校(TSM渋谷)時代にVRアーティストとしてデビューすることになっていたプロジェクトも紹介します。

スポンサーリンク

Tani Yuuki 学歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tani Yuuki(@u_yuuki_u)がシェアした投稿

Tani Yuuki 茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校

茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校出典 茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校
[Tani Yuukiが通っていた茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校]

入学2005年4月茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校
卒業2011年3月所在地 神奈川県茅ヶ崎市共恵11丁目10-23

Tani Yuukiさんは茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校に通っていたことを公表していますよ。

そんなTani Yuukiさんの実家は海まで歩いて10分くらいの海岸沿いにあるので波の音を聴きながら暮らしていたんですよね。

実家から海までは歩いて10分くらいの距離なのでサザンビーチちがさき海水浴場は最高の遊び場所だったでしょう。

Tani Yuukiさんの得意科目は理科で社会科は不得意でしたが基本的に勉強は苦手だったと明かしていますよ。

Tani Yuuki 茅ヶ崎市立第一中学校

Tani yuuki 茅ヶ崎市立第一中学校出典 茅ヶ崎市立第一中学校
[Tani Yuukiが通っていた茅ヶ崎市立第一中学校]

入学2011年4月茅ヶ崎市立第一中学校
卒業2014年3月所在地 神奈川県茅ヶ崎市東海岸南4丁目10-1

Tani Yuukiさんは茅ヶ崎市立第一中学校に通っています。

その理由は茅ヶ崎市立第一中学校の校区に茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校のエリアが含まれているからですよ。

そんなTani Yuukiさんはソフトテニス部に所属していましたが中学2年生のときに脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)を発症します。

この病気を発症するのは254人にひとりの確率という情報もありますがTani Yuukiさんは水分を摂(と)らずにソフトテニスの練習を続けたことも原因のひとつだったと言っていますね。

体調が回復するまでは勉強も出来なかったので高校受験も諦めるという挫折(ざせつ)を経験しますがそれと同時にシンガーソングライターになるきっかけにもなっています。

この当時にTani Yuukiさんがよく聴いていた曲は「ゆず」や「綾香」そして「DREAMS COME TRUE」でした。

その理由はJ-POPが大好きな母親の影響ですがアーティストたちの歌は辛い時期を乗り越える心の支えにもなっていたんですよ。

Tani Yuuki 通信制高校

入学2014年4月学校名は公表されていません
卒業2017年3月所在地に関する情報は公表されていません

Tani Yuukiさんは通信制高校に進学します。

その理由は長い療養期間の中で勉強をすることができなかったからです。

そのため成績はオール1になってしまい内申点も足りなかったことから希望していた普通高校への進学は諦めました。

そんなTani Yuukiさんにとって心の支えは家族と音楽だったのです。

母親はTani Yuukiさんがお腹の中にいたときから胎教としてクラシック音楽を聴いていたので教育に関して熱心だったことがわかりますよね。

誰よりもTani Yuukiさんの辛(つら)さをわかっていたでしょう。

Tani Yuukiさんは母方の祖父からギターをもらったことをきっかけに中学2年生のときから音楽を始めていますが高校を卒業するときには本気でシンガーソングライターを目指すようになっていました。

Tani Yuuki 東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)

https://takayuki-kato.com/wp-content/uploads/2022/11/e08d4020fbf3300970b7c90c731311f1.png出典 学校法人滋慶学園 東京スクールオブミュージック専門学校
[Tani Yuukiの母校である東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)]

入学2017年4月東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)2年制
シンガーソングライター専攻
卒業2019年3月所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目19-21

Tani Yuukiさんはシンガーソングライターになるために親に頼んで東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)に進学させてもらいます。

幼少期の頃からあまり積極的ではなかったTani Yuukiさんですがミュージシャンになるために全力を尽くして音楽活動を活動をおこなっていくんですよ。

専門学校(TSM渋谷)に入学してすぐにアコースティックユニットを結成するとボーカルを担当して中心的な役割を担います。

そしてバンドを作るためにボーカルを募集していた同級生たちに名乗りを挙(あ)げると男子学生のスリーピースバンド『CreamPuff』(クリームパフ)を結成しました。

さらに友達のホワイトくんと共にアカペラサークル「WHITE BOX」を結成してSNSでの音楽活動も開始するんですよ。

とにかくミュージシャンとしてデビューするために音楽活動をおこなうことになりますがその基礎になっているのは親から受け継いだ音楽センスと挫折を経験しながらも練習し続けたギターの技術があったからなんです。

スポンサーリンク

Tani Yuuki 専門学校(TSM渋谷)での3つの音楽活動

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tani Yuuki(@u_yuuki_u)がシェアした投稿

Tani Yuukiさんは東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)に入学してから本格的に音楽活動を開始しました。

単独での音楽活動をベースにしながらも色んなグループに所属していた経歴があるんですよ。

1つはアコースティックユニットの「寝ぐせ」、2つめはアカペラサークル「WHITE BOX」、そして3つめはバンド「CreamPuff」(クリームパフ)です。

Tani Yuukiさんの音楽活動に大きな影響を与えた3つのグループ活動を詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク

Tani Yuuki アコースティックユニット「寝ぐせ」

Tani Yuukiさんは東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)に入学するとアコースティックユニット「寝ぐせ」を結成してボーカルを担当します。

ですがこのユニットでの活動はすぐに終りを迎(むか)えることに…。

その理由はグループメンバーが描く未来のビジョンが一致していなかったからなんです。

「ミュージシャンを目指す個性の強い学生たちにとって団結し続けていくことはむずかしい」ということを知ったTani Yuukiさんは自分にとっても独(ひと)りで音楽活動していくスタイルの方が向いていることに気付きました。

そんなTani Yuukiさんはデビューを目指して曲を書きながらオーディションを受ける日々を送ることになります。

Tani Yuuki 企業のCMソング「えぼシンワのテーマ」

Tani Yuukiさんは専門学校(TSM渋谷)2年生のときに企業のCMソング「えぼシンワのテーマ」も作っています。

歌声とメロディーラインを聴くと歌っているのはTani Yuukiさんであることがわかりますね。

スポンサーリンク

Tani Yuuki アカペラサークル「WHITEBOX」

Tani Yuukiさんとリーダーのホワイトさんはアカペラサークル「WHITE BOX」の結成メンバーです。

Tani Yuukiさんは高校生のときに後輩からホワイトさんを紹介してもらったことで友人になったんですよ。

あるときホワイトさんは「一緒に動画撮ってみない?」とTani Yuukiさんを誘(さそ)いました。

そしてTani Yuukiさんがアーティストのカバー曲を歌い、ホワイトさんが映像制作した動画をSNSに投稿したのがサークル活動の始まりなんですよ。

Tani Yuukiさんとホワイトさんは本格的に音楽活動をおこなうことを話し合いアカペラサークル『WHITEBOX』を結成したのです。

WHITEBOXのサークルメンバーはホワイトさんの呼びかけに応じた関東・中部・関西など各地方に在住する学生シンガーです。

ミュージシャンを目指すそれぞれの活動を尊重しているので卒業するメンバーや新たな加入者によって進化し続けるグループだと言えるでしょうね。

WHITE BOXのおもな活動はアカペラで歌ったカバー曲をYouTubeに投稿することですが映像専門職であるホワイトさんの技術がそれを可能にしています。

Tani Yuukiさんが初めてYouTubeにアップロードしたオリジナル曲は「最終想者『アンカー』」ですがその映像を作っているのもホワイトさんなんですよ。

Tani Yuuki 『Mrya』をTiktokに投稿したきっかけはWHITE BOX

Tani Yuukiさんが楽曲『Mrya』をTiktokに投稿するという発想はWHITE BOXでの活動がもとになっています。

WHITE BOXは複数の楽曲を編集して1つの楽曲にする手法であるマッシュアップ動画が人気ですよね。

楽器を弾かずにアカペラでコーラスしたカバー曲を投稿しているのでコード進行に関係なくリズムだけでひとつの動画に仕上げています。

つまり編曲をせずに歌っても動画として成り立つということですよね。

専門学校(TSM渋谷)に通っている頃のTani Yuukiさんは曲のアレンジ(編集)ができなかったのですがメロディーやリズムだけで歌っても楽曲動画として成立するということに大きな可能性を感じていました。

そしてWHITE BOXのメンバーがSNSでの再生数を伸ばしているのをみてTani Yuukiさんも自分で曲を投稿することを決意したのです。

そんなTani Yuukiさんですが実はハッシュタグも知らないくらいSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のことがわからなかったので専門学校(TSM渋谷)の同級生には「おじいちゃん」と言うあだ名もつけられていました。

スポンサーリンク

そんなTani YuukiさんにSNSや動画配信についての基本の知識を教えたのは映像専門職であるホワイトさんなんですよ。

WHITEBOXの動画にはTani Yuukiさんが歌っている映像がありますよね。

それはTani Yuukiさんが自分で歌いながらiPadのGarageBandで撮影したものをホワイトさんに送っていたんですよ。

ホワイトさんはメンバー各自で撮影した動画を編集することでWHITEBOXの作品を制作しているのです。

その中でもマッシュアップ動画はホワイトさんの技術が凝縮されていると言えるでしょうね。

このようにTani Yuukiさんが動画を制作したりSNSを使って楽曲を発信する技術はWHITE BOXのサークルメンバーたちとのコミュニケーションを通じて習得したんですよ。

スポンサーリンク

Tani Yuuki バンド「CreamPuff」

 

東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)でシンガーソングライターを専攻していたTani Yuukiさんは教室の前で同級生が「ボーカリスト募集」と書いた紙を持って立っているのを見つけます。

その同級生とはベース担当のHIDEさんとドラムス担当のRyutaさんであり2人はバンドを組むためにボーカルを募集していたのです。

「あ、やってみたいかも」と思ったTani Yuukiさんは直観に従ってメンバーに加わりたいと申し出ました。

そして男子学生のスリーピースバンド「CreamPuff」(クリームパフ)を結成したんですよ。

音楽活動は単独でやるスタイルが自分に向いていると思っていたTani Yuukiさんがバンドを組もうと思ったのは理由があります。

それは高校生のときから大好きだった野田洋次郎さんのようなバンドマンになりたかったからなんですよ。

歌詞を書くときに意識していたのは野田洋次郎さんの言葉の選び方や組み合わせたときに生まれる意味でありロールモデルにするほど影響を受けていました。

Tani Yuuki 「CreamPuff」の音楽活動と楽曲『決別の唄』

 

Tani Yuukiさんが結成した高校生バンド「CreamPuff」は高校2年生から憧れていたバンド「RADWIMPS」(ラッドウィンプス)のイメージとはまったく違っていました。

メンバーそれぞれが独自の音楽を追求する理論派での音楽の趣味はまったく一致していなかったのです。

そのためTani Yuukiさんは自分が書いた曲だけをバンドの音楽だと主張することはできませんでした。

それぞれの音楽性を尊重しながら活動していましたが一貫性を保つことはできなかったのです。

将来的に「これはちょっと無理だな」と思ったTani Yuukiさんはメインの活動は単独でおこなうことに決めますがバンドメンバーのHIDEさんそしてRyutaさんをないがしろにするような思いも同時に感じていました。

そんな心の葛藤が楽曲『決別の唄』を生み出したんですよ。

そしてTani Yuukiさんが独(ひと)りでおこなっていた音楽活動もうまくいっていたわけではなくオーディションを受けては落選するといった日々を送っていました。

Tani Yuuki 『CreamPuff』で学んだこと

Tani Yuukiさんが『CreamPuff』で経験したことはソロ活動にも大きな影響を与えました。

実はTani Yuukiさんが楽曲を一人で作れるようになったのは21歳のときであり専門学校の卒業後だったんですよ。

実は『CreamPuff』で楽曲を制作できるメンバーは曲も書けて曲のアレンジ(編曲)も出来るベース担当のHIDEさんだけでした。

つまり学生時代のTani Yuukiさんは曲は書けますが編曲ができなかったので楽曲制作はHIDEさんやほかの誰かに頼っていたのです。

Tani Yuukiさんは専門学校を卒業すると本格的にソロ活動を開始することになりますがそのときに真っ先におこなったのが編曲アレンジ(編曲)の勉強でした。

『CreamPuff』での活動によってTani Yuukiさんが学んだことはひとりで楽曲制作をおこなう方法だったのです。

Tani Yuuki デビュープロジェクトと『CreamPuff』活動休止

Tani Yuukiさんは東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)の卒業と同時期に『CreamPuff』の活動を休止することを選びました。

そしてバンドメンバーのHIDEさんとRyutaさんと話し合ってそれぞれの道に向かって歩んでいくことを決めたんですよ。

実はTani Yuukiさんは専門学校(TSM渋谷)の卒業直前とも言えるこの時期に何度も落選していたオーディションに受かっていました。

そしてデビューするためのプロジェクトが始動していたのです。

ですがそのデビュープロジェクトの内容はシンガーソングライターを目指しているTani Yuukiさんのイメージとはかけ離れたものでした。

Tani Yuuki VRアーティストとしてのデビュープロジェクト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tani Yuuki(@u_yuuki_u)がシェアした投稿

Tani Yuukiさんは何度もオーディションに落選していましたが東京スクールオブミュージック専門学校(TSM渋谷)を卒業する直前に合格してデビューに向けてのプロジェクトが始動していたのです。

そのプロジェクトの内容はTani YuukiさんをVRアーティストとしてデビューさせるという構想だったんですよ。

VRアーティストはバーチャルリアリティー(仮想現実)で活動するクリエイターのことでありミュージシャンとして仮想現実で活動するならばVtuber(バーチャルYouTuber)やVsinger(バーチャルシンガー)というイメージのほうが想像しやすいですよね。

Vtuberとは素顔を公表する代わりに仮想キャラクターを自分に置き換えて発信するYouTuberのことでありVsingerは歌い手として活動するVtuberのことです。

ちなみに有名なVsingerは花譜(かふ)さんやYuNi(ゆに)さんですよね。

けれどもVtuberはTani Yuukiさんが思い描くシンガーソングライターのイメージとは全く違うものでした。

Tani Yuukiさんがパフォーマンスをおこなう場所は液晶画面ではなくライブ会場であり、歌によって観客と心を通わせるミュージシャンなのです。

ですがデビューのプロジェクトは専門学校の卒業と同時期でもあったので「現役学生アーティストとしてデビューできるのであれば…。」という思いはTani Yuukiさんを突き動かします。

そしてTani Yuukiさんはデビュープロジェクトをおこなう企業の方々と共にオリジナル曲とミュージックビデオを制作しました。

そしてデビュー曲の発売日も決定したのです。

つまりTani YuukiさんはVRアーティストやVsingerというバーチャルな存在としてデビューすることにすべてを賭けていたということですね。

Tani Yuuki 現役学生シンガーになるという夢は儚く散る

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tani Yuuki(@u_yuuki_u)がシェアした投稿

Tani Yuukiさんが目指していた現役学生としてミュージシャンになるという夢は儚(はかなく)く散りました。

その理由はプロジェクトをおこなう企業の諸事情によりデビューそのものが白紙になったからです。

プロジェクトをおこなう企業の方はデビュー曲のリリース直前にTani Yuukiさんを呼び出すと「ごめん。上層部から通達があって。諸事情によりデビューの話はナシになりました」と告げました。

Tani Yuukiさんは「え? あんなに凄いものを作ったのにナシになったんですか?」と聞き返すもその現実は覆(くつがえ)ることはなかったのです。

そしてこのときすでに専門学校(TSM渋谷)を卒業していたので学生という肩書きも無くなっていたのです。

Tani Yuukiさんは「明日からどうしよう」という漠然とした不安に襲われますが茅ケ崎の実家に帰るという選択しか残されていませんでした。

まとめ

Tani Yuukiさんの学歴と専門学校(TSM渋谷)時代の音楽活動として所属していた3つのグループについてお伝えしました。

こちらではさらに詳しくTani Yuukiさんの情報を紹介しています。

ぜひごらんください。

Tani Yuuki(たにゆうき)本名と家族構成&レコード事務所

Tani Yuuki彼女と愛言葉について!病気の過去と作詞作曲

Tani Yuukiデビューまでの軌跡!人気曲のMyraとは誰?

TaniYuuki愛言葉・もう一度・WXY・おかえり人気曲の意味

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました