岸田文雄と裕子夫人の馴れ初め!息子の翔太郎の経歴と秘書にした理由

岸田文雄首相と裕子の馴れ初め!息子の翔太郎を秘書にした理由と経歴政治
スポンサーリンク

岸田文雄首相が息子の翔太郎さんを秘書をさせた理由についてお伝えします。

さらに美人妻の裕子さんの経歴と馴れ初めも紹介しますよ。

岸田家の家族構成と翔太郎さんのプロフィールをWikipediaのように詳しく掲載しています。

スポンサーリンク

岸田翔太郎 プロフィール

岸田翔太郎1[岸田翔太郎]
出典 goo

名前岸田翔太郎
生年月日1991年1月14日
年齢31歳(2022年)
出身地広島県広島市
学歴広島県立修道中学校
広島県立修道高校
慶應義塾大学法学部政治学部
特技バドミントン
前職三井物産
職業議員秘書
首相秘書官(2022年より)
親族父 岸田文雄
スポンサーリンク

岸田翔太郎の学歴

入学1997年4月小学校名は明らかになっていません
卒業2003年3月所在地 広島県内の小学校
入学2003年4月広島県立修道中学校
卒業2006年3月所在地 広島県広島市中区南千田西町8-8番1号
入学2006年4月広島県立修道高校
卒業2009年3月所在地 広島県広島市中区南千田西町8-8番1号
入学2009年4月慶應義塾大学・法務部政治学科
卒業2013年3月所在地 東京都港区三田2丁目15-45
スポンサーリンク

岸田文雄首相の長男 翔太郎の経歴は父と似ている

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

2022年10月4日に岸田文雄首相は長男の翔太郎さんを秘書官にすると発表しました。

これについて松野博一官房長官は「翔太郎さんは首相秘書としてふさわしい」と言っていますね。

実は翔太郎さんの経歴は父親の岸田文雄首相と似ているのです。

翔太郎さんは慶應義塾大学を卒業したのち政界には入らず大手総合商社の三井物産に入社していますが父親である岸田文雄氏も早稲田大学法学部を卒業した後は日本長期信用銀行に入行しているのですよ。

そして翔太郎さんは三井物産を退社して2020年3月から岸田事務所で秘書を務めています。

そして岸田文雄氏も大学生のころに自身の父親である国会議員の岸田文武氏の秘書を務めているんですよね。

このように岸田親子の経歴を照らし合わさると似ていることがわかります。

岸田文雄首相は学生時代に夏目漱石に憧れて一人旅を好んだように息子の翔太郎さんも政界に入る前は夢を追いかけていた時期があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

岸田文雄首相が息子の翔太郎を首相秘書にした理由を解説

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

岸田文雄首相が自分の息子である翔太郎さんを首相秘書にした理由は政治家として必要な知識を与えるためです。

それは日本の未来を担う後進を育てるということであり岸田家のためでもあるのです。

実は岸田文雄首相も衆議院議員だった父親である岸田文武の議員秘書をしていたんですよ。

岸田首相が父親の議員秘書をしていたのは早稲田大学の学生だった1979年です。

もともと岸田首相は政治家になろうと思っておらず学生時代は夏目漱石のような小説家になるのが夢でした。

岸田首相は大学を卒業したのち銀行員として働きます。

そして紆余曲折を経て5年後に政治の世界に戻るのですがはやり学生時代に議員秘書として働いた経験はとても貴重だったでしょう。

ですが岸田首相が秘書を務めた父親であり衆議院議員の岸田文武さんは多くを語る人ではありませんでした。

そのため岸田首相は政治家として大切なことは「父の背中を見て学んだ」と言っています。

岸田首相にとって父は頼れる大黒柱であると同時に偉大な先輩でもあったのです。

そして今、岸田文雄総理は自分が父から学んだように息子の翔太郎さんに政治家として大切な知識を継承させようとしているのです。

スポンサーリンク

岸田翔太郎の家族構成

[右から長男の岸田翔太郎・母親の裕子・次男の岸田晃史郎・三男(名前は調査中)]

岸田文雄氏を応援する妻の裕子さんと長男の翔太郎さん

【密着】父・岸田総理は不在も…家族総出の衆院選

岸田翔太郎さんの父親は岸田文雄内閣総理大臣(第100代・第101代)です。

翔太郎さんが広島県立修道高校を卒業していることや岸田文雄さんの選挙区が広島1区であることからわかるように岸田家のルーツは広島県にあります。

そんな岸田翔太郎さんの家族構成を紹介しますね。

岸田翔太郎の父親 岸田文雄

岸田文雄1[1999年当時の岸田文雄]
出典 Wikipedia

岸田翔太郎さんの父親は岸田文雄内閣総理大臣(第100代・第101代)です。

岸田文雄さんの生年月日は1957年7月29日で出生地は東京都渋谷区でした。

父親は衆議院議員の岸田文武さんであり母親は岸田澄子さんです。

父親の岸田文武さんは1949年に商工省(通商産業省)に入省して1979年に衆議院議員に初当選します。

スポンサーリンク

幼少期の岸田文雄さんは父親の仕事の関係でアメリカ合衆国ニューヨーク市に居住していました。

小学1年生から3年生まで3年間は現地の公立小学校に通っていたんですよ。

そして日本に帰国すると1966年7月に永田町小学校(現 麹町小学校)に転入します。

麹町中学校を経て1973年に開成高等学校に入学しました。

高校を卒業すると東京大学を受験するも2年間の浪人を経験したのち1978年に早稲田大学法学部に進学します。

実は学生時代の岸田文雄さんは夏目漱石のような小説家になりたいと思っていたので政治家は志していませんでした。

そんな岸田さんは1979年に衆議院議員に当選した父 岸田文武さんの議員秘書として働きますが早稲田大学を卒業すると日本長期信用銀行に入行します。

本店勤務で外国為替業務を2年半おこなったのち海運業界担当の営業マンとして高松市に2年半赴任していますね。

岸田文雄さんは銀行員として紆余曲折を経て1987年3月に政治家になる決意を固めると日本長期信用銀行を退行しました。

岸田文雄さんが政治家になろうと決断するのに議員秘書時代の経験は大いに役立っているはずです。

国会議員だった父 岸田文武さんはとても寡黙な方でしたが岸田文雄さんは「父の背中から多くのことを学んだ」と言っているように政治家として重要な知識を与えてもらったということでしょうね。

岸田翔太郎の母親 岸田裕子

岸田裕子1[若い頃の岸田裕子]
出典 Google

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

岸田翔太郎の母親である岸田裕子さんは広島県三次市にある不動産業「三次開発興業株式会社」の創業者である和田邦二郎さんの長女であり社長令嬢です。

裕子さんの実家はかつて広島県三次市で造酒業銀行業を営んでいた旧家なので相当お金持ちだったんですよ。

裕子さんの旧姓である和田家は大正時代の終わりころには県北15ヵ町村に田畑合わせて105町歩を持っておりまして小作人816人を抱える大地主でした。

そんな裕子さんは広島県屈指のお嬢様学校である広島女学院高等学校を卒業すると東京女子大学に進学しています。

1986年には地元の広島県に本拠を置くマツダ株式会社に入社して社長秘書を務めていました。

岸田文雄首相と裕子夫人の馴れ初め

そして1988年に裕子さんは岸田文雄氏さんとお見合い結婚します。

岸田文雄さんは31歳で裕子さんは24歳のときでしたよ。

裕子さんは岸田文雄さんと出会った当時を振り返り「お互いの祖母が同級生で友人同士であり主人の祖父や父もとても人柄の良い人だと聞いていました。だから、不安はありませんでした」と言っています。

岸田文雄さんの父は通商産業省の官僚から国会議員になった岸田文武であり家柄は申し分なく岸田文雄さん自身も父の秘書を務めていました。

岸田文雄さんは1993年に第40回衆議院議員総選挙に旧広島1区から自由民主党公認で出馬し初当選すると第2次安倍内閣において初入閣して2012年から2017年にかけて外務大臣を務めています。

裕子さんは外務大臣夫人として国際的な式典に出席していますよ。

岸田翔太郎の弟(岸田文雄 次男)岸田晃史郎

岸田翔太郎の弟であり岸田文雄さんの次男である岸田晃史郎(きしだ こうしろう)さんの生年月日は1997年5月28日です。

岸田翔太郎と同じく広島県立修道中学校と修道高校に進学したのち日本大学スポーツ科学部を卒業していますよ。

そして2022年にスポーツ用品の製造と販売をおこなう株式会社モルテンに就職しています。

岸田翔太郎の弟(岸田文雄 三男)

岸田翔太郎の弟であり岸田文雄さんの三男については情報が公開されていないので名前などの詳しいことはわかっていませんがSNSによって生年月日が2006年6月1日であることがわかっているんですよ。

三男の学歴については長男の翔太郎さんと次男の晃史郎さんと同じように一貫校である広島県立中学校と修道高校を卒業している可能性が高いでしょう。

まとめ

岸田文雄首相の首相秘書官である長男の翔太郎さんのプロフィールを紹介しました。

翔太郎さんのこれからの行動に注目が集まっていますね。

政界を主導する岸田親子の躍進は始まったばかりです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました