IZ*ONE解散理由!IZ4648が象徴するAKB48との関係

IZONE解散理由と再結成する可能性!PRODUCE48も紹介アイドル
スポンサーリンク

IZ*ONE(アイズワン)の解散日と解散理由さらに再結成する可能性について解説します。

そしてIZ*ONEが誕生したオーディションPRODUCE48(プデュ48)も紹介しますね。

IZ*ONEとAKB48の関係についてもお伝えしますよ。

スポンサーリンク

IZ*ONE(アイズワン)とは

「IZ*ONE」

 

『IZ*ONE』(アイズワン)は韓国PRODUCE101(プデュ)シリーズの第3弾オーディション「PRODUCE48」(プデュ48)で選ばれた9人の韓国アイドルと3人のAKB48グループに所属するアイドルによって結成された活動期間限定のグローバルガールズグループです。

『IZ*ONE』のメンバーにはアイドルグループ「IVE」(アイヴ)のリーダーである「アン・ユジン」、そして同じく「IVE」で活躍する絶対的センターの「チャン・ウォニョン」が所属していましたよね。

さらに『IZ*ONE』のメンバーである「キム・チェウォン」はアイドルグループ「LE SSERAFIM」(ル セラフィム)のリーダーであり、元HKT48(AKB48グループ)の宮脇咲良もサクラという名前で「LE SSERAFIM」のリードダンサーを務めていますよ。

IZ*ONE(アイズワン)というグループ名とファンネームについて

『IZ*ONE』というグループ名は「IZ」がメンバーの人数である「12」に見えることに由来しており「独自の美しい輝きを放つ12(IZ)種類の星たちが一つ(ONE)になる」という思いが込められています。

公式グローバルファンクラブ名そして公式ファンネームである「WIZ*ONE」(ウィズワン)は魔法使い達という意味であり『IZ*ONE』が表現する魔法に素敵なパフォーマンスをサポートするという思いが込められているんですよ。

スポンサーリンク

『IZ*ONE』(アイズワン)は才能あふれるアイドルたちが事務所の垣根を越えて奇跡的に結集したユニット

[所属事務所の垣根を越えて結集した才能あふれる『IZ*ONE』(アイズワン)のメンバー12名]

『IZ*ONE』(アイズワン)は「PRODUCE48」(プデュ48)オーディションにおいて上位12名に選ばれたアイドルたちによる期間限定のユニットです。

グローバルガールズグループである『IZ*ONE』(アイズワン)を構成するのは韓国アイドルとAKB48グループ所属の日本人アイドルですね。

事務所の垣根を越えて奇跡的に結集した才能あふれるアイドルたちはアジアを中心に大きな人気を集めました。

そんな『IZ*ONE』は韓国・タイ・台湾・香港・日本・アメリカで大規模なコンサートも開催しており2018年から2021年にかけて韓国と日本において数々の音楽賞を受賞しています。

『IZ*ONE』(アイズワン)は韓国アイドルとAKB48所属アイドルのユニット

[『IZ*ONE』(アイズワン)メンバー12名]

『IZ*ONE』(アイズワン)と『AKB48』の関係は『IZ*ONE』が誕生したオーディション番組「PRODUCE48」(プロデュース フォーティーエイト)[通称 プデュ48]から始まりました。

2017年11月29日、「PRODUCE 101」(プデュ)シリーズを企画している音楽専門チャンネルMnetは第3弾オーディションを制作するにあたり、AKB48の総合プロデューサーである秋元康さんにプロデュース協力を要請したのです。

秋元康さんはMnetの要請を引き受けて「PRODUCE 101」(プデュ)シリーズの第3弾オーディション「PRODUCE48」(プデュ48)の監修を務めるのと同時にAKB48グループ所属アイドルもオーディションに参加することになりました。

「PRODUCE48」というタイトルは「PRODUCE 101」と「AKB48」のコラボレーションを象徴しているんですよ。

韓国アイドルと選抜されたAKB48グループ所属アイドルは「PRODUCE48」(プデュ48)において共に競い合った仲間であり、オーディションを勝ち抜いた上位12名によって結成されたのがグローバルガールズグループ『IZ*ONE』(アイズワン)なんですよ。

『IZ*ONE』のメンバーは才能溢れる韓国アイドルたちとAKB48グループに所属する宮脇咲良・矢吹奈子・本田仁美によって構成されています。

『IZ*ONE』(アイズワン)と『AKB48』は姉妹関係にある

『IZ*ONE』(アイズワン)のプロデュースはハン・ソンスと秋元康が共同でおこなっているのでIZ*ONEはAKB48と姉妹関係であるとも言えますよね。

『IZ*ONE』が日本でリリースしたほとんどの楽曲は秋元康が作詞してプロデュースしています。

1stシングル「好きと言わせたい」は『IZ*ONE』の日本デビュー曲でありAKB48をイメージさせる楽曲ですよね。

秋元康による楽曲の制作とは歌い手の本質とその魅力が視聴者に一番刺さる言葉を歌詞にして作曲家が提出するメロディーと合わせるという方法です。

楽曲の制作過程において作曲者にメロディー(音)やサウンド(旋律)の変更を命令しながら秋元康のオリジナル曲を生み出しているんですよ。

そのため作詞家「秋元康」と作曲家は一般的な関係ではなく、プロデューサー秋元康の意図に従って楽曲制作はおこなわれています。

スペシャルユニット『IZ4648』(IZ*ONE&AKB48グループ)と楽曲「必然性」

[アイドルユニット『IZ4648』のメンバー24名]

 

2018FNS歌謡祭[第2夜](2018年12月12日放送)に『IZ*ONE(アイズワン)』『AKB48』『乃木坂46』『欅坂46(櫻坂46)』によるアイドルユニット「IZ4648」が結集しました。

「IZ4648」というユニット名は『IZ*ONE(アイズワン)』『AKB48』『乃木坂46』『欅坂46(櫻坂46)』という意味であり4つのグループに共通性があることを象徴(しょうちょう)しています。

『IZ*ONE』『AKB48』『乃木坂46』『欅坂46(櫻坂46)』の共通点は秋元康がプロデュースまたは監修しているということですね。

プロデューサーの秋元康が「IZ4648」のために制作した楽曲「必然性」は平成最後のスーパーアイドルソングとしてAKB48グループを代表するメンバー花を添えました。

2018年12月12日、一夜限りで披露されたスペシャルユニット「IZ4648」によるパフォーマンスはアイドル界に新たな1ページを刻みましたね。

 

アイドルユニット『IZ4648』(IZ*ONE・AKB48・乃木坂46・欅坂46[櫻坂46])のメンバー

IZ*ONE[IZ4648メンバー]
チャン・ウォニョンチョ・ユリ矢吹奈子[HKT48所属]
(やぶき なこ)
本田仁美[HKT48所属]
(ほんだ ひとみ)
宮脇咲良[HKT48所属]
(みやわき さくら)
クォン・ウンビ
AKB48[IZ4648メンバー]
柏木由紀
(かしわぎ ゆき)
指原莉乃
(さしはら りの)
岡田奈々
(おかだ なな)
須田亜香里[SKE48所属]
(すだ あかり)
小栗有以
(おぐり ゆい)
須田亜香里[SKE48所属]
(すだ あかり)
乃木坂46[IZ4648メンバー]
梅澤美波
(うめざわ みなみ)
齋藤飛鳥
(さいとう あすか)
白石麻衣
(しらいし まい)
西野七瀬
(にしの ななせ)
堀未央奈
(ほり みおな)
山下美月
(やました みづき)
欅坂46(櫻坂46)[IZ4648メンバー]
小池美波
(こいけ みなみ)
小林由依
(こばやし ゆい)
菅井友香
(すがい ゆうか)
長濱ねる
(ながはま ねる)
土生瑞穂
(はぶ みづほ)
渡邉理佐
(わたなべ りさ)
スポンサーリンク

『IZ*ONE』(アイズワン)のマネジメントをおこなっていた会社について

[『IZ*ONE』(アイズワン)メンバー12名]

『IZ*ONE』(アイズワン)は「PRODUCE48」(プデュ48)オーディションによって誕生したグローバルガールズグループであり韓国アイドルとAKB48グループに所属する日本人アイドルによって構成されています。

『IZ*ONE』(アイズワン)のマネジメントは韓国ではCJ ENM傘下のOFF THE RECORD Entertainmentがおこなっており、2020年4月からはSWING Entertainmentと共同で運営していました。

そして日本でのマネジメントはVernalossomがおこなっていましたよ。

所属事務所が異なるメンバーで結成されたグローバルガールズグループ『IZ*ONE』(アイズワン)はあらかじめ2年6か月という活動期間を定められていたユニットであるため、解散の期日通りに2021年4月29日をもって解散しています。

スポンサーリンク

『IZ*ONE』(アイズワン)が誕生した「PRODUCE48」(プデュ48)オーディション

[IZ*ONEメンバー12人]

「PRODUCE48」(プデュ48)は韓国音楽専門チャンネルMnetが制作する韓国PRODUCE101(プデュ)シリーズの第3弾となるオーディション番組であり日本と韓国を含むアジア地域で2018年6月15日から2018年8月31日まで放送されました。

「PRODUCE48」(プロデュース フォーティーエイト)というタイトルはPRODUCE101とAKB48のコラボレーションを象徴しており、韓国アイドルと日本のAKB48グループに所属するアイドルが合同で参加したオーディションなんですよ。

[「PRODUCE48」に参加するために韓国アイドルとAKB48所属アイドルが合流する]

韓国PRODUCE101(プデュ)のオーディションにAKB48が参加したいきさつはAKB48の総合プロデューサーである秋元康さんが2017年11月29日に開催されたMnet主催の音楽授賞式『2017 MAMA in Japan』に出席したときにPRODUCE101のプロデュース協力を要請されたからなんですよ。

スポンサーリンク

当初はPRODUCE 101システムとAKB48劇場を融合したオーディションにすると報道されていましたが、実際の番組制作は韓国が主導しておりPRODUCE 101方式である視聴者(国民プロデューサー)がメンバーを投票する形式で審査はおこなわれましたね。

「PRODUCE48」(プデュ48)オーディションに参加することが認めらていた日本のアイドルはAKB48グループのみですが合格メンバーの内訳に日本人枠は存在していなかったので審査を優遇されていたということではありませんでしたよ。

韓国から参加するアイドルの参加条件はPRODUCE 101オーディションシリーズと同じで国籍は不問であり芸能事務所に所属する練習生以外にもメジャーデビュー経験者の参加も認められています。

「PRODUCE48」オーディションの一環であるボーカルやダンスなどのトレーニング合宿は大韓民国 京畿道(キョンギド)坡州市(パジュし)にある国営校外学習施設のパジュ英語村の韓流トレーニングセンターで実施されて撮影がおこなわれたんですよ。

スポンサーリンク

PRODUCE101(プデュ)シリーズとは

[韓国PRODUCE101(プデュ) SEASON1]

PRODUCE101(プデュ)シリーズは韓国音楽専門チャンネルMnetが制作する番組であり、さらなる飛躍を目指すアイドルのためのオーディションです。

社会現象を巻き起こしたその影響はアジアを巻き込んでおり日本でも「PRODUCE 101 JAPAN」(日本プデュ)オーディションがおこなわれており、中国でもPRODUCE101をリメークした「創造101」が開催されていますよ。

そんなPRODUCE101(プデュ)シリーズは数多くのスターを輩出した韓国を代表するオーディションでありNizi ProjectやI-LANDの先駆けとなったサバイバルオーディション番組ですね。

サバイバルオーディション番組と言われる理由は審査プロセスがミッション形式になっているからなんですよ。

参加するアイドルたちは各グループでセンターやメインボーカルを含むポジションや課題曲を争奪し合いながらパフォーマンスバトルをおこない視聴者(国民プロデューサー)からの投票数を競い合います。

そしてオーディションで選ばれたアイドルたちが期間限定のグローバルアイドルグループのメンバーとしてメジャーデビューすることになるんですよね。

こちらでは「PRODUCE48」オーディションを含むPRODUCE101(プデュ)シリーズとPRODUCE101japan(日プ)について詳しく解説しています。

韓国PRODUCE101と日本Produce101Japan解説

 

IZ*ONE(アイズワン)のメンバー12人について

IZ*ONE(アイズワン)のメンバー12人は韓国PRODUCE101(プデュ)シリーズの第3弾オーディション「PRODUCE48」(プデュ48)のオーディションで選ばれた9人の韓国アイドルと日本のAKB48グループに所属する3人の日本人アイドルで構成されています。

韓国アイドルはチャン・ウォニョン、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、クォン・ウンビ、カン・ヘウォン、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、イ・チェヨンですよ。

そして日本人アイドルは宮脇咲良(HKT48)、本田仁美(AKB48)、矢吹奈子(HKT48)ですね。

IZ*ONE(アイズワン) 活動期間

[左からイ チェヨン・チャン ウォニョン・チョ ユリ・本田仁美]

[左から宮脇咲良・キム チェウォン・矢吹奈子・チェ イェナ]

[左からクォン ウンビ・カン ヘウォン・キム ミンジュ・アン ユジン]

結論を言うと『IZ*ONE』(アイズワン)の解散日はグループが結成される前にあらかじめ決められていました。

「PRODUCE48」はさらなる飛躍を目指すアイドルたちのオーディションであり、合格者への特典として『IZ*ONE』のメンバーとしてメジャーデビューさせますが、彼女たちをプロデュースするのはあくまでもそれぞれが所属する芸能事務所です。

韓国PRODUCE101(プデュ)の運営者とオーディションに参加するアイドルが所属する芸能事務所との間で『IZ*ONE』が結成される前に活動期間について協議しておりグループの活動期限は2年6ヵ月と定められていたんですよ。

そのため『IZ*ONE』が結成された2018年10月29日の時点で2年6ヵ月後である2021年4月29日に解散することはすでに決まっていたのです。

『IZ*ONE』は2019年11月11日から2020年2月17日まで活動を中止していますがその理由は韓国PRODUCE101(プデュ)が投票を操作したことによる不正についての報道を受けたことへの対応ですね。

IZ*ONE(アイズワン) 解散日と解散理由を解説

[キム ミンジュ「これで本当におしまい」]

『IZ*ONE』(アイズワン)は2018年10月29日に結成されて2021年4月29日に解散しました。

『IZ*ONE』は事務所の垣根を越えて結成したユニットグループであり、解散理由はあらかじめ定められていた2年6ヵ月という活動期限を迎えたからです。

『IZ*ONE』を結成した目的は練習生クラスのアイドルたちに飛躍のチャンスを与(あた)えるためであり、オーディションで選ばれたアイドルたちの短期集中的なキャリアアップを図(はか)るためのプロジェクトということですね。

韓国「PRODUCE101」(プデュ)シリーズのSEASON1では『I.O.I』(アイオーアイ)、SEASON2は『Wanna One』(ワナワン)、PRODUCE48は『IZ*ONE』、そしてPRODUCE X 101では『X1』(エックスワン)が誕生しましたが、いずれのグループも定められた活動期限内に解散しています。

『X1』は5年間という活動制限が設(もう)けられたうえで2019年8月27日に結成しましたが韓国「PRODUCE101」(プデュ)シリーズにおける投票数の不正操作報道を受けて2020年1月6日に解散しているので活動期間はわずか3ヵ月でしたよ。

IZ*ONE(アイズワン)が再結成される可能性について

[IZ*ONE]

結論から言うとグローバルガールズグループ『IZ*ONE』(アイズワン)が再結成される可能性はとても低いでしょうね。

なぜなら『IZ*ONE』を結成した目的はメジャーデビューを目指すアイドル練習生たちが短期的かつ集中的にステップアップためでありPRODUCE48オーディションの合格者に贈られる特典だからです。

『IZ*ONE』は結成する前にあらかじめ2年6ヵ月という活動期限を設(もう)けていたので長期的な活動を目的とする「グループ」というよりは解散を前提として短期的な活動をおこなう「ユニット」の特徴を持っていますよね。

たとえば『KARA』や『少女時代』は活動休止したあとにメンバーそれぞれ別々の芸能事務所に所属していますが2022年に再結成していますよね。

大人気だった『IZ*ONE』も再結成を求めるファンが多いですが再始動する可能性はとても低いと言えるでしょうね。

その理由は『IZ*ONE』のメンバー12人全員がアーティストや女優として活躍しているからです。

アン・ユジンとチャン・ウォニョンはアイドルグループ『IVE』(アイヴ)のメンバーとして、宮脇咲良やキム・チェウォンも『LE SSERAFIM』(ル セラフィム)のメンバーとして活動しています。

矢吹奈子はAKB48として活躍していますね。

HKT48のエースである本田仁美は2023年に卒業することを公表しており女優として活動していく意思を表明していますよ。

そしてクォン ウンビ・カン ヘウォン・イ チェヨン・チョ ユリ・チェ イェナはソロシンガーとしてデビューしてしておりキム・ミンジュは本格的に女優として活動していますね。

まとめ

IZ*ONE(アイズワン)が誕生するまでのいきさつと解散理由そして再結成する可能性をお伝えしました。

こちらではさらに詳しいIZ*ONEの情報を紹介しています。

ぜひごらんください。

IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE花三部作La vie en Rose・Violeta・FiestaとPanorama

IZ*ONE解散その後メンバー再デビュー&再始動!人気順プロフィール

PRODUCE101(プデュ)とProduce101Japan(日プ)解説

IZ*ONE(アイズワン)メンバー
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました